<<戻る
産金政策の一私見 [#地付き]迫間房太郎  輓近我國の産金高は年と共に異常の増加を示しつゝあり。殊に朝鮮に於ては宇垣總督赴任以來、熱心なる産金奬勵と保護政策に依り著しく斯業の發展を來し、更に最近政府の金買上價額引上げにより全國の鑛山は一入の活氣を呈し教の趨勢を示し内地は勿論朝鮮の産金高は益々増加さるべく一般に期待さる。國家財政上實に慶祝すべきことである。  然しながら我國の産金増産に就ては尚ほ幾多研究すべき餘地がある。  現時朝鮮の鑛山界を一瞥するに鑛業權登録を爲せるも採掘に着手し得ざる向が甚だ尠くない。之は國家の財源培養上誠に遺憾なことである。  即ち朝鮮の金鑛は現在に於て發見したるもの約貳萬七千五百鑛區に達し其の内現に採掘稼行しつゝあるもの貳千五百鑛區に過ぎず、殘る約貳萬五千鑛區は所謂資金難のため未發掘の儘放置しあるを以て、其の内約參千鑛區を選拔して新たに採掘せしむる場合は左の結果を見る  一、鑛石參萬噸  新たなる三千鑛區の採掘量一日分(壹鑛區十噸)  一、鑛石九百萬噸 三千鑛區壹ヶ年採掘總量(三百日稼行)  一、地金九十噸  九百萬噸に對する十萬分の一(純金)  一、金三億壹千五百九拾萬圓  九十噸に對し一匆拾參圓替換算  一、金八千萬圓  從來の貳千五百鑛區の壹ヶ年産額換算高  一、金四億圓   前記新舊發掘總額換算金  異常の計數は總て内輪に見積りたるものにて將來電力を應用し鑿岩機を使用するに至れば其採掘量は著しく増加するは勿論含有量に於ても最低率の十萬分の一と見積りたるが故に之れ以上の成績を擧げ得るは確實である。  然して之れが目的を達成するには左記條項の實現を必要とする。 [#折り返して3字下げ] 一、國營精錬所を各所に設置し利益を加算せざる公正なる價額を以て買鑛をなすこと。 [#折り返して3字下げ] 二、國家は適當なる礦業融資機關を設け各鑛主の要求に應じ採掘資金を融通すること。 [#折り返して3字下げ] 三、現在一人にして數十鑛區又は數百鑛區の權利を獲得し自ら稼行せず其の權利賣買を目的とし而かも安くは賣らず徒らに死藏するものあり、此の弊を除く爲に政府は許可後一ヶ年を經過して猶ほ採掘せざるものに對しては直に許可を取消すの條例を公布すること。 [#折り返して3字下げ] 四、産金保護政策實行に方りては多數の專門技手を必要とする之が對策として國家は六ヶ月間の速成機關を設け技手の養成をなすこと。 [#折り返して3字下げ] 五、産金保護政策に要する資金は凡そ壹億圓乃至壹億五千萬圓を以てせば足る。 [#3字下げ]但し此の資金は國營精錬所設置竝に各鑛主に對する採掘資金貸與に充つるものにして絶對に補助金を含まず。  以上の如き方法を以て産金保護政策を實施するに至れば新鑛區開發は參千鑛區に止まらず延ては四千鑛區五千鑛區の稼行を見るに至るのみならず、從來の稼行鑛區も又事業の擴張採掘方法の改良をなし産金の増加著しきを見、更に之に因て他の各種鑛物の發見採掘も勃興するに至るであらう。  從來貧鑛なりとして世人の顧ざりし朝鮮の銅鑛の如きは期せずして勃興を見るに至らん、何となれば金の乾式精錬を行ふには銅鑛を混入せざるべからず、故に貧鑛と雖も精錬の培養必需品として特に高價に買上ることとせば銅鑛の採掘者も現はれ競うて之が供給をなすは理の當然である。  從來朝鮮に於ける採金精錬方法は乾式と濕式との二樣に分かれ小規模のものにして水利の便宜しき箇所に於て稼行するものは濕式精錬に依るを常とす、今後將來と雖も全稼行者の三割は濕式精錬を爲すものと思はる。 以上述るが如く産金保護政策を行ひ、國營精錬所の設置と融資會社の設立と相俟つて斯業の奬勵を行はんか壹ヶ年五億圓の純金を採掘するは容易なり。  富國強兵の見地よりより言ふも、國家財源の培養上より論ずるも大陸開發政策遂行上より見るも、重要國策の一なりと信ず。  之が實施に方りて既設精錬會社を如何にすべきやの議論湧出することあらんも此は相當の價格を以て買收し國營とするも佳なり既設會社が其の儘存置を希望する場合は相當の補償をなすも又佳なり。何れにしても圓滿に解決すべき方法は多々存在す  國家歳代の非常時に直面し敢へて魯鈍を憚らず平素抱懷するところの卑見の一端を披瀝し江湖有識各位の高批を乞ふと共にその實現速ならんことを切望して止まぬものである。 昭和十二年十一月十日 釜山府本町   迫間房太郎 東京市京橋區西八丁堀二ノ一八  印刷所 戸谷豐松堂   電話京橋(56)四五一番   [#本文終わり] 底本:http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1150180 [#1字下げ]迫間房太郎(1937)『産金政策の一私見』. 入力:A-9 このテキストは、フロンティア学院図書館(https://arkfinn.github.io/frontier-library/)で作成されました。